<< アーザクリニックは外人先生 | main |

第14回チャリティーマッチ

みなさんこんにちは!
今回初めてブログを書かせていただきます、アーザフット2014年入部のアンボです。

7月18日、第14回チャリティフットサルが開催されました。
今までに比べると人数は少ないのですが、それでも総勢40名!

あいにくの天気でしたが、雨にも負けず全力でフットサルを楽しみました!


毎回たくさんの子供たちが参加してくれますが、今回は女の子が2人も!

将来のなでしこを期待しちゃいますね♪


そして! なんと言っても毎回盛り上がるのがチーム発表!
今回は事前にアンケートで答えていた「(自称)身長」でのチーム分けでした。


まずはジュンさんの指示のもと、チームごとに(自称)身長順に呼ばれて整列。
チャリサル参加者は、皆さん正直者のようでキレイな背の順になりました(一安心)。


↓チーム名はキャプテンの身長

チーム「185」


チーム「181」


チーム「180」


チーム「175」


チーム「173」


チーム「172」



さらに今回は、ゲームルールにちょっと面白い仕掛けが。
名付けて「チャリサル星★争奪戦」

スタート時はどのチームも★を3つ持っています。
試合に勝ったチームは負けたチームから★を1つもらうことができ、最終的に★を一番多く持っているチームが勝ち!というルールです。


↓その他、第14回チャリサル笑顔&キッズ集はこちら

笑顔と子供だけ集めました。

Posted by As@.Fut(アーザフット) on 2015年7月19日






女子VS小学生のエキシビションも盛り上がりましたね!



そして恒例の筆記テスト。
テスト結果1位のチームは★が3つもらえるとあって、みんな真剣です。


今回のテストは健康にまつわる○×クイズで、その答えがすべて×になるのというちょっとイジワルな問題でした。 「え?全部×でいいの?」「ジュンさんなら敢えて全部×にしそう」などと、問題とは関係のないところに迷わされ、〇を入れてしまったチームもあったようななかったような……。笑

さらに筆記テストで上位3位だったチームは1位から順に決勝戦の対戦相手を選べます。
ここで、いかに★を多く持っているチーム、もしくは、★を確実に取れるチームを指名するかが勝利の鍵になりました。


対戦相手が決まったらいざ決勝戦!


結果はチーム「175」が優勝しました。
おめでとうございます^^

優勝チームには、チャリサルに賛同くださりサポートまでしてくれているCALDEIRASkullkicksgramoの3ブランドから優勝賞品が贈られました。
いつも素敵な景品をありがとうございます!

そして今回集まった義援金50,872円は宮城県大崎地区サッカー協会に寄付させていただきました。



最後にこの場をお借りして、私のチャリサルへの想いを書かせていただきたいと思います。

私の出身地は岩手県の内陸部にある紫波郡です。
東北沿岸のような津波の被害はありませんでしたが、
震災当時、地元の家族や友人は体力的にも精神的にも大変な状況にありました。

3.11東日本大震災から4年4か月が経ち、私たちの生活の中で震災について触れられることは減ってきたなと感じています。
皆さんはどう感じているでしょか?

「忘れないでいてくれることが嬉しい」
最近、私の家族や岩手に住む知り合いからそんな言葉をよく聞きます。
震災当初、すぐにでも必要だったのは物資と情報。
震災から数か月、復興のための人手と支援金も必要になりました。
そして、4年4か月がたった今、必要とされる支援の形は変わっていきます。
被災地方々は今何を必要としているのでしょう。

それに正解はないし、被災地の方々全員が望む答えは出せないけど「忘れないでいること」は私でもできる。
そんな想いで、ちょうど1年前のチャリティフットサルから参加させていただいいます。

今ではチャリサルがきっかけで始めたフットサルがとても楽しく、被災地の子供たちにも思う存分フットサルを楽しんで欲しい、という想いも加わりました。

“笑顔でできる支援の形があってもいい”
“趣味を通じて被災地支援はできる”
そんな想いから始まったチャリティフットサルが14回目を迎えられたのも、そこに賛同し参加してくださる方がいること。
アーザメンバーを始め多くの方のサポートがあること。
そして、主催のジュンさん、ケイさんがこのような機会をつくってくださること。
みんなの力が集まって続いているチャリティだと思います。

参加者の中には東北出身でない方も多く、毎回これだけの方が東北を思い出してくれていることが、 私自身とても嬉しいです!

今後もチャリサルでもたくさんの笑顔が集まり、それが被災地の子供たちの笑顔につながっていって欲しい!
改めてそう感じた一日でした。

ご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました!

ユーザーネーム アンボ エントリーカテゴリー チャリティーマッチ エントリータイム 13:00 コメント comments(0) トラックバック trackbacks(0)
ページトップへ

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://blog.asafut.com/trackback/1270348

トラックバック

asafut shop

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archives

Categories

Twitterasafutをフォローしましょう

Search

Recent Entries

Links